ビットコイン価格相場は毎月6日がチャンス?奇数月ショート偶数月ロングの法則を検証【六日教】

仮想通貨トレード

今年に入ってビットコインというか仮想通貨相場の低迷が続いていますね~。

バブルは崩壊してしまったのか?それともただの調整か?

予想は色々ありますが、ちょっと面白いビットコイン価格の規則性の話を見かけたので、検証してみました!

その名は「6日教」。

この法則に従ってビットコインFXでロングかショートを仕掛ければ爆益が得られるとかなんとか。。。

BitMEX(ビットメックス)スマホアプリの使い方や登録方法を徹底解説。携帯トレードにはコツがいる?
BitMEXをスマホでもトレードできるアプリの使い方や登録方法を解説します。この記事を読めば初心者でも携帯トレードで勝てるようになります。スマホアプリ特有のトレードする上でのコツやポイントも紹介。

実際に過去のチャートをみて、その真偽を確かめていきましょう!

六日教とはどんなビットコイン価格の規則性?


引用元

CC(コインチェック)のチャート見て日足を確認したら、
少なくとも去年の7月6日から全て奇数月はショート、偶数月はロングでボロ儲けだったとのこと。。。

もしこれが本当なら、ビットコインFXで負けなしのトレーダーになれるのですが、本当にそうならすごいですよね。

去年の7月6日以前のチャートについても調べてみようと思います!

年度別の毎月6日のビットコイン価格チャート比較

2014年から2017年の毎月6日近辺のビットコイン価格チャート(日足)を見比べてみました。
以前当ブログで紹介した以下の記事からチャートを眺めて分析してみてます。

ビットコイン(仮想通貨)が暴落・高騰する時期は決まっている?過去5年間の値動きを追ってみた【随時更新】
ビットコインは1月中旬に暴落で最も安くなる!? 2014年の最低価格は2月9日 2015年の最低価格は1月15日 2016年の最低価格は1月16日 2017年の最低価格は1月12日 2018年の最低価格は6月24日(new!)...

過去4年の1月6日以降はショートで勝てたか?

1月のチャート比較

2018年1月のチャート

確かに6日近辺で暴落しているので、毎年1月6日にショートをしていればトレードで勝つことが出来たでしょうね。

毎年一月の中旬あたりが一年の底値になることが多いので、ここは充ててほしかった月ではあります。

過去4年の2月6日以降はロングで勝てたか?

2月のチャート比較

2018年2月のチャート

2014年のビットコイン最安値は2月9日なので、この年だけはハズレですね、というか長い下髭で痛恨の一撃を食らってしまいますね。。。

この時期はマウントゴックスの破産による失望売りでこのような下髭ができたみたいです。

ただ、2015年以降は確かに2月6日にロングしていれば勝てる相場でした

過去4年の3月6日以降はショートで勝てたか?

3月のチャート比較

2018年3月のチャート

2016年は当てはまっていません。3月6日にショートを持っていたら負けポジでしたね。

ただ、2015年はちょっとどっちつかずな微妙な形ですが、そのほかの年では6日にショートをしていればそれなりに勝てたであろうことがわかります。

過去4年の4月6日以降はロングで勝てたか?

4月のチャート比較

2018年4月のチャート

2014年と2015年のチャートは当てはまっていません。

ただ、2016年から2018年に至っては、ロングポジションで勝てる相場でしたね。

過去4年の5月6日以降はショートで勝てたか?

5月のチャート比較

2018年5月チャートは全体的に下落相場でしたが、

過去の5月に関しては、ほとんどの年の5月6日にショートで負けていましたね。

初めて六日教に当てはまらない月がでました
ただ、2018年5月だけはピタリと当てはまりました。

過去4年の6月6日以降はロングで勝てたか?

6月のチャート比較

2014年に関しては当てはまっていませんね。2017年も微妙なところです。

2015年・2016年に関しては当てはまっている(ロングで勝てた)ので、五分五分といったところでしょうか

2018年6月は…ロングで大負けでしたね。一貫して下げ相場でした。六日教ピンチ!?

過去4年の7月6日以降はショートで勝てたか?

7月のチャート比較

2015年に関しては完全に外している感はありますが、他の年ではショートで勝てたっぽいですね。

ただ、2017年に関しては5月17日に暴騰が始まってしまっているので、逃げ遅れた場合は丸焦げだったでしょう。くわばらくわばら。。。

2018年7月6日は利確が早ければ買ってたでしょうが、一か月で見ると外れています…。
2018年7月6日ショート

過去4年の8月6日以降はロングで勝てたか?

8月のチャート比較

2014年2015年は大外れですね。

ただ、2016年2017年に関してはロングで勝てたようです
特に2017年は急上昇しましたね。
2018年は微妙なところでした。当たっているような外れているようなという感じです。
2018年8月6日ロング

過去4年の9月6日以降はショートで勝てたか?

9月のチャート比較

久しぶりに、全ての年で9月6日ショートがキマっています。

2018年も9月6日はショートが正解でした。というか、9月5~6日にショートしていれば10万円幅を取れていたようですね…
まさかこんなに動くとは。
2018年9月6日ショート

過去4年の10月6日以降はロングで勝てたか?

10月のチャート比較

続いて出ました。毎年10月6日ロングがキマっています。

というか2015年以降はひたすら上昇していますね。

注目なのは2014年は下げ相場でしたが、10月6日はちょうど底値だったということです。
ここでロングは美味しいですね。

過去4年の11月6日以降はショートで勝てたか?

11月のチャート比較

2014年2016年は完全に外してます。

2015年2017年は、一時的ではありましたが、ショートで勝つことができたといえるでしょう。

勝率50%です。

過去4年の12月6日以降はロングで勝てたか?

12月のチャート比較

2014年12月はひたすら下げトレンドだったので外していますが、2015年以降は毎年12月6日ロングで勝てたでしょう。

まあ年末ですし、ここは皆ロングしたくなる時期かもしれませんね。(お餅やソバもロングだよね)

今年もお祭り相場希望です。

検証結果

1~12月の結果を集計します!

  • 1月 的中率100%
  • 2月 的中率80%
  • 3月 的中率70%
  • 4月 的中率60%
  • 5月 的中率20%
  • 6月 的中率50%
  • 7月 的中率70%
  • 8月 的中率50%
  • 9月 的中率100%
  • 10月 的中率100%
  • 11月 的中率50%
  • 12月 的中率75%

過去4年間の平均的中率は……

68.75%でした!!

なんだかそこまで高くはないですね。

ただ、2017年だけを見てみると、8割くらい的中しています。
2018年も5月までは今のところ100%的中です。

2017年以降から今までの的中率は約90%!

今後も当たるかどうかはわかりませんが、こっそりチャートと照会して追記していこうと思います。

オススメ仮想通貨取引所

ビットフライヤー
日本でビットコインの取引量一位。
最大手なので安心感があります。最近MONAコインを上場したのが話題ですね。
bitFlyerの詳細

Zaif(ザイフ)
日本で最も手数料が安いので仮想通貨のトレードはZaifを使いましょう。
筆者が最もオススメする国内取引所です。
Zaif(ザイフ)の詳細

Binance
海外取引所ならBinance(バイナンス)で間違いない!
手数料が上記の国内取引所と比べ圧倒的に安く、サイトの使いやすさもトップレベル。
日本に上場していないアルトコインの品ぞろえもバイナンスだけあれば十分です。
海外取引所にたまにある出金できないなどのトラブルもなく、世界一信頼され使われている取引所です。
binanceの詳細

FXならBitMEX
BitMEXは海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、と非の打ちどころがない優秀な取引所です。
ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。
日本の取引所は相手になりませんね…
BitMEXの詳細

コメント