DMM bitcoinの特徴や使い方をまとめてみた!アルトFXもあるけどスプレッド手数料が高い?

スポンサーリンク
ビットコインFX

アルトコインFXやレバレッジ取引が特徴のDMM bitcoin。

もともと『株式会社東京ビットコイン取引所』という名前でしたが、『株式会社DMM Bitcoin』に社名を変更したようですよ。

DMMは「DMM FX」など金融系サービスですでに実績があり、この手の分野におけるノウハウも蓄積しているため非常に期待できます!

スプレッドや取引手数料はどうなっているのかなど、特徴や使い方をまとめてみました。

DMMビットコイン概要

DMMビットコインの運営会社はもちろんDMM。
有名な起業家、亀山会長が創設者として有名ですね。

<会社概要>

・会社名:株式会社 DMM Bitcoin
・住所:東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
・設立:2016年11月7日
・代表取締役:田口 仁
・資本金:12億9000万円

DMM Bitcoin公式サイトはこちら↓

DMMビットコインCMにローラを起用

初心者でもとっつきやすいように?イメージガールとしてローラさんが起用されています。

CMの中では終始ビットコインについて勘違いをしたまま終わりますw

DMM bitcoinの長所とメリット

DMM bitcoinを使ってみたメリットをまとめてみました。

アルトコインのレバレッジ取引(FX)ができる!

DMM Bitcoinの一番の特徴は、ビットコインだけでなく、その他メジャーなアルトコイン(ビットコイン以外の通貨の総称)もFX取引ができることです。

アルトコインでFXができるのは国内ではDMM bitcoinだけなので、これだけでも解説しておく価値があるといえます。

DMM Bitcoinの取り扱い銘柄は以下の7種類です。
有名どころはほとんどカバーしていますね。

<DMM Bitcoinの取扱通貨>

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ゼム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

仮想通貨のレバレッジ取引自体はビットフライヤーやコインチェック、GMOコインなどでもできるのですが、どちらもビットコインのみとなっています。

まあアルトコインFXのレバレッジは5倍までなので、それほどレバレッジは高くないです。
※ビットコインFXの最大レバレッジも5倍です。

初めてレバレッジ取引をしてみる方には良いと思います。

例えば、先日コインチェックでNEMの盗難被害のニュースが世間を騒がしましたね。
このニュースをいち早く知っていれば、NEMをDMMビットコインでショートポジションをとって利益を出すことができたでしょう。

アルトコインFXができるということは、こういう決定的なチャンスを掴むことが出来るという点で戦略的に強いです!

DMM bitcoinはセキュリティが高い

DMMビットコインでは、会社の資金と顧客の資金を完全に分別管理することで、高いセキュリティを保っています。

DMMビットコインはレバレッジ手数料以外すべて無料

DMM Bitcoinでは、レバレッジ取引での手数料を除き、すべての手数料が無料になっています。

例えば、銀行などからの入金・出金の手数料もすべて無料なので、
「こっちの方がビットコインを安く買える!」というようなアービトラージができる状況の時もノーリスクで資産を移動できるので利益を出しやすいと言えます。

DMM bitcoinはスマホアプリが使いやすい!

DMM Bitcoinのスマホアプリは、かなり使いやすいので初心者の方にもおすすめです!

チャートを見るのはもちろん、FX取引もスマホ一つで出来ちゃいます。

また、すべてのポジションを同時に決済する「一括決済ボタン」も魅力ですね。

DMM Bitcoin公式サイトはこちら↓

DMM bitcoinの短所とデメリット

現物取引の取扱銘柄は2種類のみ

DMM Bitcoinでは、現物取引できる仮想通貨はBTCとETHの2種類のみ対応しています。

通貨ペアは以下の通り。

  • BTC/JPY
  • ETH/JPY
  • ETH/BTC

FXに追証がないわけではない(ロスカットあり)

ロスカットとは保有しているポジションが、一定の水準以上に損失を被った場合、損失の拡大を防ぐため、保有しているポジションを強制的に決済することです。

DMMビットコインのレバレッジ取引にはロスカットがありますが、

原則としては最低限の資金は温存されますが、相場が急変動した時などは証拠金以上の損失が発生することがあります。

追証がない、とは断言していないので、証拠金を無茶のない範囲に調整して臨みましょう。

DMMビットコインは販売所しかない

DMM Bitcoinは、普通に取引できる現物銘柄がビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2種類しかありません。

手数料が少ない販売形式として、「取引所」方式があるのですが、国内でこの取引所方式をメインで売買ができるのは「Zaif」や「bitbank」くらいです。

この販売所方式のメリットとしては、
欲しい数量が確実にその時のレートで購入できるので、大金を一気に換金するのには適していますが、

少額の購入であればスプレッド手数料が高いのであまりオススメできません。

スプレッド手数料は割高?!

DMM Bitcoinのレバレッジ取引は、スプレッドが広くて手数料が高いと言われています。

DMMビットコインはGMOコインよりも、スプレッドの調整が細かく、1円単位から調整しているので広くなりすぎるような印象はありません。

GMOコインは急にスプレッドが大きくなったりするので不安定な印象があります。

スプが大きくても、アルトコインFXは大幅に値動きする相場を狙えば勝ちやすいと思いますよ!

DMMビットコインのスプレッド手数料はどのくらい?

DMMビットコインの取り扱い仮想通貨の価格表一覧を見比べてみました。

現物取引の場合

現物取引の場合はスプレッドは

BTC 4%
ETH 5%

くらいですね。

レバレッジ取引の場合

レバレッジ取引の場合のスプレッドは、

BTC 0.7%
ETH 5%
NEM(XEM) 15%
XRP 11%
LTC 9%

くらいです。

こう見ると、ビットコインFXはそこまで剥離がないですが、NEM(ネム)とXRP(リップル)のFXスプレッドは10%に優に超えています

アルトコインFXができるというのは魅力ですが、スプレッドは広い方だといえます。

相場の動き方やタイミングによってスプレッドや価格が異なるので、その時々でお得な取引所を利用するのが良いかと思います。
DMM Bitcoin公式サイトはこちら↓

DMM bitcoinで口座を開設する方法

口座開設は無料で簡単にできます。
まず公式サイトで、「口座開設」をクリックしてください。

メールアドレスを入力し、チェックボックスをチェックし[送信する]をクリック。
登録したメールに確認メールが届くのでリンクをクリックしましょう。

パスワードを設定します。
パスワードは使いまわさないようにしましょう!

仮口座の登録が完了するので、マイページに入りましょう。

画面上部に本登録の案内があるので、そこから本登録を行います。

個人情報を入力し、続いて本人確認書類をアップロード。

携帯番号の認証を行えば、お客様情報の登録が完了です!

後は、本人確認のハガキが届くのを待ちましょう!

DMM bitcoinビットコインの公式サイト

公式サイトはこちらからアクセスしてみてください!

DMM ビットコイン
国内で仮想通貨のFXトレードならDMM ビットコイン!
国内唯一のアルトコインレバレッジ取引対応、使いやすいスマホアプリが魅力の取引所です。
DMM bitcoin公式サイト

厳選!オススメ仮想通貨取引所

Binance
海外取引所ならBinance(バイナンス)で間違いない!
手数料が上記の国内取引所と比べ圧倒的に安く、サイトの使いやすさもトップレベル。
日本に上場していないアルトコインの品ぞろえもバイナンスだけあれば十分です。
海外取引所にたまにある出金できないなどのトラブルもなく、世界一信頼され使われている取引所です。
binanceの詳細

FXならBitMEX
BitMEXは海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、と非の打ちどころがない優秀な取引所です。
ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。
日本の取引所は相手になりませんね…
BitMEXの詳細
タイトルとURLをコピーしました