BitMEXでロスカット回避作戦!ビットコインFX資金調達率の手数料で儲かった話

ビットコインFX

突然ですが、ビットコインFXで負けない方法ってあると思いますか?

ハイリスクハイリターンの圧倒的ボラリティを体験できるビットコインFXですが、あるルールを決めれば必ず勝てる(損をしない)ということを私は発見しました。

それは…

「損切りをしない」

ということです。

何を言っているんだ、と思ったでしょう。

私も若干何を言っているのかわかりません。

だがしかし、私はこの戦術をとってからは一度も負けたことがないのです。

しかも資金調達率というもので思わぬ利益が発生していたのです。

今回はそんな私のトレード体験を書いていきますね。

ちなみに私が使っている取引所はBiTMEXです。

BitMEX(ビットメックス)スマホアプリの使い方や登録方法を徹底解説。携帯トレードにはコツがいる?
BitMEXをスマホでもトレードできるアプリの使い方や登録方法を解説します。この記事を読めば初心者でも携帯トレードで勝てるようになります。スマホアプリ特有のトレードする上でのコツやポイントも紹介。

損切りをしないとはロスカットを避け続けること!

ビットコインFXをしていて、ロングポジションをもっていたとして、

自分の思惑とは逆にチャートが動くことって多々ありますよね。

そんな時、正常なトレード法としては、そこで損切り(損を確定させてノーポジションに戻る)をするんですよ。

まあ損失を最小にして負けを確定させるということですね。

損切りをしないということはつまり、負けを確定させない、ということです。

それでもビットコインには強制損切り(ロスカット)があります。

ロスカットが起きるとどうなるの?

自分が持っているポジションと逆方向に値が動き、用意している証拠金の残高「清算価格」まで損益が出てしまうと、

全てのポジションが強制的に決済され、口座残高がゼロになります。

(追証がある取引所であれば追証になることもありますが、BiTMEXでは追証は発生しません)

「あなたの証拠金維持率が~%を下回ったため、ロスカットが執行され残高が生産されました」

というショッキングなメールが届くことになります。

どうか、間違いであってくれ、とサイトにログインして残高を見、現実を突きつけられる…

それがロスカットですね。

もし、FXに全財産を預けフルレバレッジで取引すればあっという間に一文無しになることもできちゃいます。

じゃあそんな怖いロスカットはどうすれば回避できるのでしょうか?

私は考えました…

証拠金を追加入金すればロスカットラインが下がる

どういうことかといいますと、ロスカットというのは、証拠金維持に必要な口座残高がなくなることで執行されます。

だったら、

ロスカットされる前に追加資金を投入すればいいじゃないか!

ということに気づいたんです。

※大事な財産が消失する恐れもあるので、自己責任で参考にしてください。

例えば、↓のようなチャートだった時、8840ドルあたりがロスカットライン(清算価格)だったとします。

もう少しで清算価格になってしまう!

しかしそろそろ反発しそうだ…ここでロスカットになっては今から助かるかもしれない大事な資産が消し去ってしまう!

ロスカットラインを下げて回避するんや!

!!!!倍プッシュや!!!!!

ということで、追加のBTCをBiTMEXの口座に追加送金します。

そうするとあら不思議!残高が増えるとロスカットラインが下がったではありませんか!!

やったこれで助かるね!!!!!

ということで、資産を消し飛ばすことを回避することができました(延命ともいう)

※ビットコインは大口投資家の売り浴びせなどにより想定よりも値が大きく動くときが多々あります。くれぐれも大きな金額では行わないでください。

しかし私のトレードはまだ終わりませんでした。

秘技「無限セルフ追証や!!!」

忘れもしません、2018年3月19日。

「もうここが底値だろう」

と思っていたところからさらに暴落したんです。

私は覚悟しました。

もう、行けるところまで付き合ったろーじゃないの。

無限セルフ追証や!!!!!!!

追加資金の投入により、ロスカットライン(清算価格)を6196ドルまで引き下げました。

そこからの展開は上のチャートをご覧になればわかると思いますが、19日の朝に1000ドル以上の特大のリバがおき、なんとか危機を脱したのです。

「もうこれロング放置でいいよね…?」

私のロスカ回避作戦はなんとか功を奏し、ビットコインも上昇トレンドに乗ったような気がするので、このまま参入価格の「10649ドル」を超えるまでは放置してみることにしました。

資金調達率という副産物

不幸中の幸いとでもいいますか、私がロングポジションを持っているとき、下降トレンドであったために、資金調達率というものが結構支払われていました。

資金調達率の範囲は -0.375% ≦ -0.001% 0.001% ≦ 0.375% とそんなに大きくはないのですが塵も積もれば山となる、ということで、今現在で5万円以上もプラスになっていました!

これが証拠のスクショです。
「実現損益」が0.0533XBTとなっていますよね、これが資金調達率で得た利益です。

※あくまで副産物なので、資金調達率目当てにポジションを持ち続けるのはオススメしません。

資金調達率履歴の調べ方

上部メニューから「契約」をクリック

左メニューから「資金調達履歴」をクリック

この「資金調達履歴表」を見れば、マイナス手数料が払い続けられていることがわかります。

BitMEXロスカット回避作戦まとめ

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、記事を書いている現在も、

私のポジションはまだ助かっていません。

現在進行形で絶賛含み損です。

ここまで書いといてなんですが、

ロスカットというのはどれだけトレードが上手い人でも、みんな経験することです。

大事なのは、どこまでリスクをとるのか?どこで損切りをするのか?ということです。

私はたまたま助かりましたが、追加資金を投入したのにロスカットに達してしまったらその分損失も拡大してしまいますからね。

ビットコインFXは特にボラリティが大きい金融商品ですから、簡単に退場することになってしまいます。

最も大事なのは、「生き残ること」。

退場しないで、大きなチャンスがやってくるまで情報網を張り、虎視眈々とトレードの質を高めて牙を研いでおくことです。

それを忘れないようにトレードを楽しんでくださいね!

オススメしたい取引所 BitMEX(ビットメックス)

海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、セキュリティも高いと非の打ちどころがない優秀な取引所です。

ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。

日本の取引所は相手になりませんね…

FXならBitMEX
下記リンクから登録して頂くと半年間、取引手数料が10%割引されます。公式サイトのリンクです↓
BitMEXの公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました