GMOコインはアプリで仮想通貨FX!使い方や攻略法、スプレッド手数料の比較まとめ

ビットコインFX

FX最大手のGMOインターネットグループが、ビットコイン売買サービスに参戦!
ビットコインなど仮想通貨FXでも世界1位の地位を築くことができるのか?!

取り扱い暗号通貨は当初ビットコインだけでしたが、アルトコインも続々取り扱い開始しています。
スマホアプリの使いやすさにはさすが定評がありますね。

今回の記事では、GMOコインと他取引所の仮想通貨FXや手数料などの違いの比較や特徴をまとめてみました。

また、GMOコインはこんな場面で使うのがベストだぞ!という攻略法も伝授したいと思います。

GMOコインはFX業界世界1位の実績!

GMOインターネットグループは様々なITサービスを展開している有名な大企業ですが、
株式やレバレッジをかけた信用取引(FX)など金融商品サービスの成長も目覚ましいですね。

GMOクリック証券にいたっては、5年連続でFX年間取引高が世界1位となっています。

そんなGMOが満を持してリリースしたGMOコイン、仮想通貨業界参入時は大きなニュースになりました!

GMOコイン公式サイトはこちら↓

GMOコイン仮想通貨FXの特徴

GMOコインの取り扱い仮想通貨一覧

現在、GMOコインにおける取り扱い仮想通貨は以下の通りになっています。
販売所形式で購入可能。FXができるのは現状ビットコインのみ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

ビットコイン(BTC)の他、4種類のアルトコインを購入できます。
今後FXに対応するのも、この4種類の中からということになりそうですね。

ロスカットあり(追証無し?)

一定の損失が発生した場合、損失が拡大しないように自動的に取引が強制決済されるというロスカットルールが採用されています。

GMOコインは、入金している証拠金維持率が(5倍:75%、15倍:80%、25倍:85%)を下回った時点で発動されます。

追加の証拠金が要求される「追証(おいしょう)」が発生することはないといわれていますが、
ビットコイン相場が急変動した際にロスカットが起きたユーザーの中には追証が発生している人もいるそうなので、追証がないわけではないようです。

GMOコイン公式サイトはこちら↓

GMOコイン取引所の長所とメリット

GMOコインFXはスマホアプリが使いやすい!


パソコン用のFX売買ツールにも負けないほどのクオリティのGMOコイン公式アプリが一番の特徴ですね。

ビットフライヤーやコインチェックにはスマホアプリはありますが、ビットコインFXができるのはFXに特化したGMOコインやDMMビットコインのみの特色ですね。

私はGMOコインでFXする場合、パソコンでチャートやイナゴフライヤーを表示して、注文と決済はスマホアプリを使用して併用して使っています。

また、ボリンジャーバンドやRSIなどのテクニカル分析にも完全に対応しています。
スマホでこれだけの機能を兼ね備えたものは他にないと言えるほど高品質なUIですね!

GMOコインは即時入金、出金が無料

GMOコインは利便性を重視し、日本円の出金やビットコインにおける即時入金の手数料・出金等の手数料をGMOが負担してくれ、基本無料となっています!

出入金にはほとんどすべての仮想通貨取引所で手数料が発生するのもなのでこれはありがたいですね。

GMOコインの販売所のスプレッドは良心的

ビットフライヤーやコインチェックなど大手国内取引所では、スプレッドの値を割合で算出しているようです。(1~4%ほど)
なのでビットコインの値段が上がれば上がるほどスプレッド手数料が開いてしまいます。

GMOコインはスプレッドを3000円ほどで固定しているので、ビットコイン価格が上がれば上がるほど手数料は安くなるということになりますね。

アルトコインFX取引がリリース予定

国内の大手取引所ではビットコインのFXしかありません。

先日、日本で初めて「DMMビットコイン」でアルトコインの取り扱いが開始されました。
海外取引所では「BitMEX」がアルトコインのFXも出来ることで有名ですね。

GMOコインでも、イーサリアムやリップルなどのアルトコインのFX取引をリリース予定とのこと。
アルトコインでのFXは、ここぞという相場が変動するチャンスをつかむことが出来れば大きな値幅を取ることが出来るかもしれませんね!

GMOコインは最大レバレッジ10倍!

※現在一時的に最大レバレッジが10倍に固定されています。

日本の大手取引所のビットコインFXにおける最大レバレッジはビットフライヤー15倍、Zaif7.7倍、コインチェック5倍、DMMビットコイン5倍となっています。
GMOコインは5倍・10倍のいずれかのレバレッジが可能です。

ハイレバレッジを掛けられるということは、利益を最大化できるという反面、リスクも倍々です。
ロスカットで資産を失わないように、小額の原資で試してみてくださいね。

GMOコインはスワップ金利が良心的

GMOコインのスワップ金利発生タイミングはニューヨーククローズ:日本時間の朝7時(米国サマータイム中3~11月は日本時間朝6時)となっています。

ZaifやコインチェックでFX取引を行うと、ポジションを持った時点で一日分のスワップ金利がとられてしまいます。
一方、GMOコインのFXはニューヨーククローズ時間にポジションをもっていなければスワップ金利は発生しません!

長くポジションを持っておくつもりでビットコインFXをしたいなら、GMOコインの方が有利かもしれませんね。

※GMOコインの金利スワップは10万円に対して5000円程度(0.04%)となっています。

GMOコイン公式サイトはこちら↓

GMOコイン取引所の短所とデメリット

GMOコインの現物購入は販売所形式のみ

GMOコインは取引所ではなく、販売所であると公式に明記しています。

ビットフライヤーやコインチェックは取引所と販売所を両方もっていますが、GMOコインは販売所のみです。

取引所と販売所は厳密には違います。

取引所ではユーザー同士が注文を出し合い希望価格がマッチングすれば売買成立となりますが、

販売所では会社がストックしている仮想通貨を一方的に提示された価格での取引になります。

GMOコインは仮想通貨取引所ではなく、仮想通貨売買サービスを提供していると認識しておきましょう。

少額のビットコインの売買では取引所の方が、ユーザー間の取引であるため手数料が少ない傾向にありますが、
1000万円以上の高額な売買を行う場合は、瞬時に提示されている価格で売買が成立する販売所の方がお得に買える可能性があります。

取引所では、急な価格変動により希望価格での売買が成立しない場合があるからです。

ただし、GMOコインの現物取引は一日の取引上限(1BTCまで)が定められているので、このメリットはありません。

GMOコインはスプレッド手数料が大きい時がある

GMOコインでは、相場の変動状況にもよりますが、
販売所の現物取引では3,000円、ビットコインFXは800~50000円程のスプレッド手数料が取られます。

GMOコインの悪いところといえば、このスプレッド手数料を事前の告知なく拡大傾向にあるところです。

先日も最大のスプレッド手数料が5000円から50000円に、約十倍に引き上げられていました。

たしかにビットコイン相場は、アメリカでの先物取引導入などの背景もあり、ボラリティ(価格変動幅)がどんどん大きくなっています。

それに伴いレバレッジをかけられるFXでのスプレッド手数料の拡大も仕方ないとは思いますが、けっこういきなり変更してくるのでビックリした人も多かったようですね。

GMOコインの最近の主な変更点

スプレッド上昇

ビットコインFXの最小スプレッドが300円→500円→800円に

ビットコイン現物のスプレッドが3000円→5000円に引き上げられました。

ビットコインFX最大建玉数の減少

今までビットコインFXでは30BTCまで同時保有可能でしたが、30→20→10BTCに変更されました。

注文建玉数も5BTC→2BTCに、ビットコイン現物取引も3BTC→1BTCに変更になっています。

GMOコインは注文板が見えない

多くの仮想通貨取引所では、ロングポジションとショートポジションがどの価格で注文が起きているか一覧で見れるようになっていることが多いのですが、GMOコインではそれがありません。

どれだけの注文量がロング・ショートどちらでたまっているのかもFXトレーダーにとって重要な判断材料となるため、この点は不利な仕様であるといえます。

ただし、GMOコインは成行注文での手数料が指値注文と同じく無料で、瞬時にその価格で約定するため、成行注文で瞬間的にトレード(スキャルピング)するのには適しているといえます。

実際にGMOコインだけ使っているスキャルピングが上手いトレーダーが月数百万円稼いでいる話をよく聞きますね。

平日の日中に定期メンテナンスが入る

GMOビットコインは今のところ、毎週水曜日15:00〜15:30に定期メンテナンスがあります。
ちょうど相場が変動していて勝負どころ!というときにメンテナンスに入ってしまうと何もすることができなくなるので注意が必要です。

GMOコイン公式サイトはこちら↓

GMOコインでオススメのFX戦法・攻略方法

GMOコインのビットコインFXは、スキャルピング(短時間で売買をして利益を出す方法)というトレード%