肉のハナマサでコスパ最強、おすすめ商品を紹介!賢く安く買い物する方法

コスパ・得ワザ

都内を中心に展開している、スーパー

「肉のハナマサ」

買い物に使った人は多いはず。

しかし!!

肉のハナマサにだって、普通のスーパーより高いものはたくさんあります。

例えば、きゅうりや白菜、ネギなどの野菜は、時期によっては他のスーパーの方が安かったりします。

お肉に関しても、500グラム未満の量ならスーパーのほうが、

夕方割引なども積極的に行なっており安い場合が多いです。

しかし、肉のハナマサには、

ここにしかない?コスパワザが存在するのです!

皆さんも薄々感じてたのではないですか?

あの殺風景で乱雑な業務用的なスーパー…

なんだかお宝の匂いがすると!!

肉のハナマサで私のオススメ商品

では私のオススメ商品、

これだけ買っとけば損はしねーぜ!!

というのをご紹介します。

まず、こちらは不定期にしか置いてないのですが、

期間限定!「生サンマ」100円で発見!

他の買い物に肉のハナマサ池袋店に来たのですが、なんと生サンマが一尾100円でした!

しかも鮮度もよく形も良かったです。今年のサンマは少し小ぶりということですけどね。

あと、タラの切り身3切れで300円とか私はたまに買ってます。

「ドールのバナナ」


※写真はチキータバナナですけどね

こちら普段のスーパーとかだと250円くらいは下らないクオリティの品物。

これがなんと、肉のハナマサはたまに60円代で売ってます。

バナナが大量に仕入れられたときだけの限定品ではありますが、バナナのコーナーをこまめにみておけばかなりお買い得に買えます。

その他、

「若鶏モモ肉2キロ 880円」

は、業務用スーパー系ではおなじみですが、コスパ最強です。

これはブラジル産ですが、ムネ肉であればおなじ2キロ880円で国産もあります。

私はこの鳥モモ肉を、自身が主催するバーベキューイベントでも重宝しているわけですが、

家庭でも使い倒しています!

2キロの冷凍肉をどうしたら家庭でも使えるのか?

不安ですよね?

これが案外簡単にできます。

家庭での取り扱い方法

まず、2キロの鶏肉を冷蔵庫か常温で、半解凍までとかします。

※完全に解凍してしまうと、臭いがでてしまい鮮度が落ちてしまうので注意!!

そこで半解凍の鶏肉を、包丁で8つ(8食分)くらいに切り分けます。

できれば出刃包丁とか冷凍包丁とかあると切りやすいです。

軍手にゴム手袋を重ねて、冷たさが手に伝わらないようにやると楽だし、体温による無用な解凍を促進しないのでいいですね。

半解凍の度合いによっては、切るのが硬く、

無理に切っていると手が半端なく疲れるので無理のない範囲で切り分け作業をして行きましょう。

他にもお得商品はあります。

「ポテトサラダ 1キロ 450円」

これはポテトサラダ好きなお子さんがいる家庭ではかなり重宝します。

夕食の副菜にちょうどいいです。

「パクチーいっぱい入って198円」

嫁がパクチー好きなのでこのパクチーはリピートしております。

パクチーがこれだけ安く買えるのは、私の近所では肉のハナマサとコープくらいなもんです。

「味わいウインナー 600グラム 690円」

これはお得かわからないんですが、バーベキューで毎回好評なウインナーです。

「焼肉のたれ(うまだれ) 1キロ 398円」

このタレは、肉のハナマサオリジナルブランドらしく、肉屋のプライドなのか、値段の割に高級な味がします!

1キロの焼肉たれを使い切る予定があるならば、どこぞの大手の焼肉のタレよりも、コスパのよいこの焼肉のたれをオススメします!

「野菜炒めミックス300グラム 100円」

こちらの野菜炒めミックスは、夕方とか時間帯によって売り切れてしまうほど人気商品です。

どこかの料理店の店員が大人買いしていくのをみたこともありますし、プロのお墨付きのコスパ商品です。

二日連続でカット野菜を使う時には絶対買いましょう。

「冷凍若鶏焼き鳥もも串 50本 1880円」

焼き鳥が50本も入って2000円ほど。

屋台ならこれを焼いて売るだけで大儲けできるでしょう。

家で焼き鳥を食べまくれるし、お肉も柔らかくて美味しいのでおすすめです!

「ペーパープレート30枚 120円」

これは普段は使うことないとは思いますが、100円ショップより絶対に安いので、紙皿が欲しい時は、お肉とセットで肉のハナマサで購入しちゃいましょう。

その他、1キロ以上の量のお肉を買うならスーパーよりも肉のハナマサのほうが安いです。

店舗により商品ラインナップも微妙に異なるので、お近くの肉のハナマサにどんなお得商品があるか注意深くチェックしてみてください。

思わぬお宝商品があるかもしれません!!