B’zの稲葉浩志の歌い方を真似する習得するコツとポイント。

スポンサーリンク
B’zの稲葉浩志の歌い方を真似する習得するコツとポイント。 音楽/ボイトレ

歌唱力のあるボーカリストとして代表的なアーティストといえば、

B’zの稲葉浩志を挙げる人も少なくないですよね。

カラオケなどでB’zの曲を男性が歌うとキーが高いので原曲キーでは歌いづらいですし、

むしろ女性が歌うのにちょうどいいキーの曲の方が多いともいえます。

私は男性なので、男性が上手くB’zの稲葉浩志の歌い方を真似(再現)する方法をご紹介します。

まず、B’zの稲葉浩志の歌い方に欠かせないものがあります

それは、背筋と腹筋(腹斜筋)です。

この2つの筋肉を日常的にトレーニングしておき、

いつでも力をギュッと入れられるようにしておきましょう。

鍛え方はこちらに記載しています

腹筋運動で腹筋を鍛えれば歌は上手くなる?効果的な歌上達のトレーニング法をご紹介!
腹筋運動で腹筋を鍛えれば歌は上手くなるのか? 腹筋が強いと良い声が出るでしょうか?   残念ながらスポーツで行うような腹筋の筋トレは、 基本的に歌とは関係ありません。 だから腹筋が6パックに割れていても良い声とは限らな...

B’zの稲葉浩志の歌い方に欠かせない息の抜き方

そしてB’zの稲葉浩志の歌唱力を再現する為に必要なのは、

鼻でしっかり声を抜くということが必要です。

B’zの稲葉浩志が歌うとき、突き抜けるようなハイトーンボイスが魅力的ですよね。

あの歌い方というのは、鼻から積極的に息を抜きながら歌うということで表現しています。

積極的に鼻で息を抜く声というのは、例えるならネイティヴの英語の喋り方です。

もっというなら英語圏の人の歌い方に多い歌い方です。

B’zの稲葉浩志の歌い方は外国人に近い?

英語は日本語と違い、鼻からより多くの息を抜きます。

鼻声と口からの声が混ざっているというか、

それが英語圏の人にとっては普通のことなのです。

日本人はほとんど口から息を吐いて言葉を喋りますから、

日本人は英語の発音が苦手な部類の言語圏の人だと見なされています。

ちなみに、B’zの稲葉浩志は大学で教員免許を取得しており、

特に英語の成績が良く、英語はペラペラです。

なので稲葉浩志は英語の発音は英語ネイティヴ並みに上手いと思いますよ。

海外のアーティストともよく共演していますよね。

英語と日本語の喋り方の違いが理解できている人ならば感覚で、

なるほど、とわかるかも知れませんが、英語の発音なんて

日本で生活しているだけでは知るよしもありませんよね?

しかし大丈夫です!

もちろん日本語しか喋れなくても稲葉浩志の歌い方を完コピすることは可能!

歌う時の具体的な方法としては、腹筋と背筋を上手く連動させて、

チューブを絞り出すようにギュッと声を絞り出し、

その勢いで息を鼻の天井にぶちあてて鼻から声を抜く、

響かせるといった感じでしょうか。

稲葉浩志の歌い方、わかりづらくてすいません。。。

言葉で話しても理解しづらいかも知れませんが、結局歌いこむしかありません。

とにかくB’zの曲を聴いて、それっぽく真似てみましょう。

そして課題曲に指定した曲をとにかくストイックに何度も歌い続けてください。

スマートフォンをお持ちであれば、アプリで録音機能がありますので

いくらでも録音して自分で聴いてフィードバックもこまめにしましょう。

喉を枯らしてでも、練習を継続していけば

必ず上達していきますよ。

ミスチル桜井和寿の歌い方は上手い?下手?真似するには?私なりに解説します。
ミスチルの桜井和寿の歌い方を徹底検証しちゃいます。 Mr.Children(ミスチル)の桜井和寿といえばJPOPを代表するミュージシャンですよね。 売れているアーティスト、長く活動を続けられているアーティストの歌い方というのは特...

コメント

タイトルとURLをコピーしました