デートで女性が自らカウンター席を選ぶ理由は?テーブル席を選ばない心理は?

エンタメ・レジャー

私の友人が気になる女性と飲みに行ったときにテーブル席を選ばず、

自らカウンターを希望したので、その心理を知りたいと思いました!

たしかに、テーブル席とカウンター席では相手との距離感が全然違いますよね。

筆者(男)は相手の目をみてずっと喋るのは苦手なので、断然カウンター派ですねw

それに、カウンターだとお互いいい感じに寄ってきたときにさりげなくボディタッチもできるし、スマホの写真なんかも一緒に見ることができます。

しかし世の女性・男性はカウンター席とテーブル席についてどう思っているのでしょうか?

当記事ではアンケート調査と男性・女性のコメントを実際に挙げていきながら検証していきます。

初めての食事デートでカウンター席を望む女性は44.9%、男性25.0%?

Q.初デートで食事をするとき、席の並びはどちらがいいですか?

【女性】

カウンターで隣同士……44.9%
テーブルで真向かい……55.1%

【男性】

カウンターで隣同士……25.0%
テーブルで真向かい……75.0%

約4割の女性が、「カウンターで隣同士」を希望したのに対し、8割近くの男性が「テーブルで真向かいがいい」と回答。 – マイナビ調べ

この「初デートで食事をするとき、席の並びはどちらがいいですか?」のアンケートでは、

女性はテーブル席がやや多いものの、カウンター席派とテーブル席派がほぼ半々であったのに対し、

男性は8割近くもの割合でテーブル席派という結果になっています。

つまり女性の方がカウンター席に対して肯定的だということがわかりますね。

これは意外な結果でした!

続いて女性と男性のそれぞれのアンケートでのコメントを引用してみてみましょう。

テーブル席を選ぶ女性の声

「相手の目を見て話したいから。できない人は、付き合わない」

「正面のほうが顔がわかるし目を見て話したい」

「前のほうが気が楽だし、話が弾みそうだから」

「所作がよく見えるし、表情もよく見えるから」

「向かい合っているほうが顔もよく見えるし、テーブルマナーも分かるため」

「隣り合っているだけだと会話がしにくいから」

相手の目を見て話したいという女性も一定数いますね。

私は好きな女性であればあるほど目を見て喋ることができなかったので、それがうまくいかなかった原因だったかもしれませんねw

所作やテーブルマナーを見るためという意見もありますが、もしそういう意図があることが事前にわかったらもう絶対カウンターしかないお店に私は行きたいですよ。

カウンター席を選ぶ女性の声

「緊張しているので、横のほうがいい」

「横のほうが顔が見えなくて緊張しないから」

「横並びのほうが彼に近づけるから」

「横並びのほうがナチュラルにボディタッチしやすい」

「さりげないボディタッチができるから、隣のほうが男性を落としやすい」

「ずっと目を合わせるのは緊張するから」

「目を合わさない分、緊張せず自然体で話せる」

「目の前にいたら、緊張しすぎてごはんが食べられなくなるから」

「横並びだと近すぎて、アガってしまいそうだから。相手の表情が見えないので、話しにくいと思う」

うんうん、わかります。

カウンター席派の女性とは気が合いそうな気がします(妄想)

女性でも、ボディタッチがしやすいからと思うんですね、もちろん気になっている男性だからでしょうけど。

でも、目の前にいたら緊張しすぎてご飯が食べられなくなるから、というのは、真横にいても食べられないのではないかとツッコミをいれたい。

まあ私のように目を見て喋るのが苦手な人種にはちょうどいいのがカウンターなわけですね。

男性陣の意見もみてみましょうか

テーブル席を選ぶ男性の声
「まずはこう、フォーマルな感じで楽しみたい」

「まだ距離が縮まってないと思うから」

「カウンターは作っている人も聞いているから、少し話しづらい」

「カウンターだとお互いの隣は別の客だから」

「顔を見ながら話したほうが、彼女がどんな気持ちかがよく分かるから」

男性の8割が指示する「テーブル席」ですが、まだ距離が縮まっていないという意見もありますが、

カウンターで作っている人(バーテンダーなど)にも会話が聞こえるのが嫌というのが理由に挙げる人が多い気がしますね。

今から落としたいと思っている女の子の顔をよくみて「可愛いな~」なんて考えることができるのもテーブル席のメリットかもしれませんね。

カウンター席を選ぶ男性の声
「グラスを近づけることで、相手との接近をはかるため」

「隣り合わせのほうが触りやすいと思うので」

「緊張しなくて済むし、しゃべりやすいし、距離も近い」

「向かいで目が合うと緊張する」

「面と向かって座るのは恥ずかしいから」

面と向かってしゃべるのは恥ずかしい同志の声もありますね。

そのほか、もちろんボディタッチができるというのもメリットですよね。

イスの形状によっては不安定なのであんまりボディタッチしてたら倒れますから、椅子の安定性も重要なチェックポイントになりますかね。

初デートならカウンター席に並んで座れ?

男性が女性にデートを誘う場合でも、女性が男性を誘う場合でも、テーブル席ではなくカウンター席を選べ!

というアドバイスがありますが、私もそれは賛成です。

まあ食べに行く料理の種類やお店の形態によっては選択できない場合もありますけど、お酒があるお店であればカウンターがあるお店を選びましょう、という感じですね。

その理由は、上記のアンケートも参考にまとめると

・距離が近いのでより喋りやすく親密になれる

・お酒の席ならさりげないボディタッチもしやすい

というのが主な理由でしょう。

私が女性をデートに誘う場合でもできればカウンター席にエスコートしたいと思います。

ただ、疲れていそうだったらソファ席でいいと思いますね。(もちろんできれば横並びの席で)

デートで女性が自らカウンター席を選ぶ理由は?

デートで女性の方からカウンター席を選ぶ理由について考えられることは、

・目をみて喋るのが苦手だから

・近い距離で話たいから

・ボディタッチしたいから

という理由が考えられますね。

そもそも、カウンター席派の男女別の割合は、

男性3割に対して5割近くもいます。

つまり男性よりも女性の方がカウンター席が好きということになります。

(かなりざっくりとした結論なので参考程度に。)

そのほか、あまりないケースではあるのですが、

彼女の行きつけのBARであった場合、マスターに相手を紹介したい、という場合もあります。

まとめ・結論

もし、あなたが男性だとして、気になっている女性にカウンター席を勧められたら、

女性はあなたに好感を持っている確率が高いといえます。

嫌いな相手と隣り合わせて(ボディタッチもされるかもしれないのに)わざわざカウンター席を選ぶことはないでしょう。

好意がある相手だから、もっと近くで喋りたいからカウンター席を選んだんです。

ただ、注意したいのは、店員やマスターと顔見知りで、彼らも交えて話しをしたいなどの時は、別です。

あと、目を見て喋るのが苦手そうな相手に対して気を使ってカウンター席を選んでくれた場合もありますね。

目を見て喋ることが苦手な人ってけっこういるんです、私も含め。

気軽なボディタッチや近い距離で会話できるなどカウンター席のメリットはたくさんあります。

状況によって、相手の親密度やテンションによって使い分けられるのが理想かもしれませんね。

あなたはテーブル派ですか?カウンター派ですか?

【広告】