新宿のパクチーフェスは期待を裏切らないグルメフェスだった。トムヤンクンが美味しかった!

コスパ・得ワザ

パクチーフェスというものが新宿で開催されるとのことで、

夫婦でパクチー好きな我が家は平日夜に行ってまいりました。

パクチーフェスは、その名の通りパクチーに特化した飲食フェス。

どのメニューにもパクチーマシマシということで期待!

ポスターもガツガツしていなくてなんだか好感がもてます。

女性客が多いということですが、ポスターやサイトのデザインが女性が好みそうなお洒落な感じなのが一役買っているかもしれませんね。

とにかく全ての料理に

パクチーマシマシ。

心ゆくまでパクチーにまみれてください。

パクチストも、そうでない人も。

パクチーに始まり、パクチーに終わる。

これがたぶん世界で最初の大型「パクチーフェス」。

主役はパクチー。

こんな感じでポスターや公式サイトには書かれていますね。

パクチーフェスはどんな料理がある?

  • トムヤムクンラーメン
  • パクチーシュリンプ
  • パクチーラムチョップ
  • チキントルティーヤ(パクチーマシ)
  • ビーフトルティーヤ(パクチーマシ)
  • パクチーから揚げ(チリソースとパクチー)
  • パクチーポテト

などのフードメニューから

パクチーモヒートなどのパクチーを使ったカクテルまでもありました!

価格はフードが税込300~700円、ドリンクのモヒートが税込500円でした。

そのほかビールコーナーもあって、生ビールをサーバから直接注いで一杯500円だったと思います。

全体的にフードの価格は、良心的だと思いました。

価格が高すぎないのも印象がいいですね。

ケバブー屋がパクチーをマシマシにして出店していました。

パクチーから揚げとパクチーポテト。

真新しいメニューだけど、味は普通でした。。。

チョリソーかフランクかそんな感じのメニュー(300円)に、

パクチーマシマシオプション(100円)を付けたら、山盛りパクチーで何も見えなくなりました。

パクチートムヤンクンのスープが思いのほか美味しくて、出店元のお店が知りたくなったくらいでした。

ラムチョップは、夜行ったときにすでに売り切れでした。

羊肉とパクチーはやっぱり人気の組み合わせなんですね。

パクチーフェスの基本情報

どのメニューもパクチーがモリモリ入ったものばかりでパクチー好きにとっては至福のフェス。

開催日:2017年5月31日(水)~6月4日(日)

開催時間:11:00~21:00
※初日は12:00~

会場名:シネシティ広場(旧コマ劇場)
東京都新宿区歌舞伎町1-19

出店:18店舗