ビットコイン先物取引とは?暴落を牽引…FX必勝…未来の価格はわかるのか検証してみた

仮想通貨トレード

今回は、ビットコイン先物取引によって

「ビットコイン価格の動きが読めるようになる?」

という説があり、私なりに調べてその結果をまとめてみました。

ビットコインFXに応用すればかなり高い勝率を出せそうです。

また暴騰・暴落時期も予想できるようになるため、売り時買い時の見極めにも役立ちそうです。

ビットコイン先物取引の動向を追えば未来の動きが読める?

2017年12月にアメリカのシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)とシカゴ・オプション取引所(CBOE)でBitcoin先物取引が開始されたのは大きなニュースになったので、知っている人も多いと思います。

ちなみに、CMEはCBOEに比べてはるかに大きな市場規模だといわれています。

CBOEビットコイン先物取引開始が2017年12月11日、
CMEビットコイン先物取引開始が2017年12月18日からでした。

このビットコイン先物取引が開始されることによって、ビットコインの価格にどのような変化があるのか?あったのか?

というのは多くの仮想通貨ユーザーにとって話題の的となりました。

ビットコイン先物取引とは何なの?

ビットコイン先物取引は未来の取引を約束するもの

先物取引とは、将来のある一定の日に、いくらでビットコインを売買するか約束しておく取引のことです。

現時点では、売買する価格と量などを約束だけしておいて、将来の約束の日が来たら売買を成立させます

ビットコイン先物取引はレバレッジをかけられる

ビットコイン先物契約は、将来売買するという約束を担保する証拠金を用意すれば、レバレッジをかけて数倍の金額を購入できます。

レバレッジ効果により、少しの資金で大きな利益を上げる可能性もありますが、同程度の損失を生むリスクもあります。

損失が出ると、証拠金の追加(追証)が必要になる場合もあります。
借金みたいなものですね。

ビットコイン先物取引は「売り」から始められる

価格が上がると思っているのならロングポジション(買い玉)を、下がると思っているのならショートポジション(売り玉)を持つことができます。

投資家はビットコイン価格を追跡する契約を購入し、契約満了日までに契約価格が増減するかどうかを推測します

未来のビットコイン価格を予想し、契約満了日にその金額でビットコインを指定数量購入する契約をするということですね。

ビットコイン先物取引は将来的な価格の安定をもたらす

今までアメリカでは信用取引ができませんでした。

その結果、ショートポジションを持てないことで、売り圧力よりも買い圧力の方が優勢となり、ビットコイン価格は常に上昇トレンドでした。

しかしビットコイン先物取引の登場により、アメリカでも売り注文から仮想通貨投資に入ることができるようになりました。

今までポジティブな市場予測ばかりが偏って市場に反映されていたものを、ネガティブな予測も反映できるようになりました。

機関投資家はリスクの高い金融商品に投資することが許されていないため、ビットコイン相場は多くの個人投資家によって成りたっていました。

これがビットコイン先物取引が開始されたことにより、将来的なビットコイン価格の安定が見込まれたため、

ビットコインへの投資が低リスクとなり、機関投資家がビットコイン投資に参加できるようになりました。

ビットコイン先物取引の開始によって、大きな資本が仮想通貨市場に流入することになりました。

先物でリスクが軽減される根拠
・現物のビットコインを購入しておく必要がないためハッキング盗難被害に遭うリスクがなくなった点

・ビットコイン価格の未来の指標ができたので将来の価格にある程度の見通しができるようになった点(価格変動リスクの回避)

ビットコイン先物取引は「期限」で価格が影響される?

CBOEビットコイン先物取引最初の有効期限切れが2018年1月17日
CMEビットコイン先物取引最初の有効期限切れが2018年1月26日となっています。

ビットコイン先物取引が登場し、最初の契約が切れるまでの間、どのような影響が市場にあるでしょうか?

仮想通貨で先物取引が行われたのは初めてのことなので誰にも分りませんでした。

ある人は「ビットコイン取引量が増えて価格は上昇する」

ある人は「先物取引は結局大きな話題にならずビットコイン価格に影響はない」

ある人は「機関投資家がショートポジションをとれるようになることでビットコイン価格は下落する」

と言いました。

つまり色んな意見があったわけですね。

ビットコイン先物取引の影響をチャートで分析

CBOEがビットコイン先物取引開始した2017年12月11日
CMEビットコイン先物取引開始した2017年12月18日あたりからおきたチャートの変化を見てみました。

<2017年下半期からのビットコインチャート>

このチャートをみて明らかなのは、

先物取引が初めて行われた12月11~17日あたりまで、ビットコイン価格が今まで見たことがないレベルの急上昇したことです。

そしてその直後、大暴落することになりました。その後下落トレンドは3月中旬まで続くことになります。

ちなみに、CBOEビットコイン先物取引最初の有効期限切れである2018年1月17日は、一年でビットコイン価格が最も安値を付けた日となりそうです。(今後下回らなければ)

CMEビットコイン先物取引最初の有効期限切れが2018年1月26日となっていますが、CME市場はCBOE市場より何倍も大きな規模ということもあり、もっと価格が下回るという見方もできます。

チャート内で起きたことをまとめると、

先物取引が始まった時期あたりまでビットコイン価格は暴騰し、その後暴落・下落トレンドとなり、有効期限が切れる直前まで下落(暴落)は続いたという感じです。

ただの偶然である可能性もありますが、

ビットコイン現物のチャートの動きとビットコイン先物取引には関連性があるようにも見えます。

ビットコイン先物取引による影響の考察


以下の考察は、コインテレグラフの記事(英語)を参考に独自に解釈しています。

ショートポジション(売り玉)を持つ人たちの力で暴落する

大量のビットコインを保有している人は「クジラ」と呼ばれますが、約1,000人がBitcoin全体の40%を所有しているとも言われています。

アメリカに住んでいるクジラと機関投資家達は今までレバレッジをかけた取引ができませんでしたが、

ビットコイン先物取引が開始された今回を契機に、ショートポジション(売り玉)をとった可能性があります。

アメリカの機関投資家もショートポジションを取っている人がロングポジションを取っている人より多いというデータがありましたね。

つまり、ビットコイン先物契約の価格が、契約満了日の契約購入価格を下回ると予想してお金を賭けている人が多いということです。

先物取引のルールにより、契約満了日の契約購入が執行されるまで、クジラと機関投資家がビットコイン価格を意図的に引き上げるにかかるのは自然なことです。

ショートポジションを持っているということは、ビットコイン価格が下がれば下がるほど儲かるようになっているからです。

この一連のビットコイン価格にかかる動きがビットコイン価格を暴落させる可能性があります。

ビットコイン先物は契約満了日直後に暴騰する?

先日のCBOE先物取引の契約満了日に市場は大きく暴落しましたが、

あの日、クジラと機関投資家は仮想通貨市場を自分たちの手で操作できることを試したといわれています。

最初の先物契約の期限が切れた直後に、ショートポジションを取ったクジラと機関投資家たちは、先物取引で得た利益とビットコイン現物を使って、今度は目一杯ビットコインを買い戻す確立が高いのではないかと言われています。

そうなる場合、先物取引の満了日直後は、市場のトレンドと逆方向に相場が動くと予想できます

ビットコイン先物でロングポジションが多い場合

将来のビットコイン価格が現在よりも高くなっていると予想している人が多い場合は、ショートポジションのときとは逆の動きが予想できます。

つまり、契約満了日前にビットコインを買い上げて値段を吊り上げる方向に価格操作を行う可能性があります。

そして、契約満了満了後に釣り上げたビットコインを売り浴びせて暴落を誘発する可能性が高いです。

ビットコイン先物取引に対する戦略を練ろう

暴落と暴騰は故意に繰り返される!

クジラや機関投資家達は、ビットコイン先物取引でビットコイン価格はある程度コントロール出来るようになってしまいました。

そしてこの乱高下のサイクルは、故意的に繰り返される可能性があります。

実際に何度も暴落を誘発するような大きな売り浴びせが起きていますが、どれだけ価格操作が通用するかのテストをしているという可能性もあります。

市場分析は罠を張られているかもしれない

ビットコインの価格を予測し投資していくときに使う判断材料に、
テクニカル分析とファンダメンタル分析があります。

テクニカル分析とは、チャートに線を引いたりして、どのような規則性があるのか、や支持線などによってサポートされているのか、投資家心理をチャートから読み取る方法です。

ファンダメンタル分析は、価格に影響を与えるような好材料や悪材料を参考にトレードを行う方法です。

どちらも使うという人がほとんどでしょうが、機関投資家たちはあらゆる方法でビットコイン価格をコントロールしようと揺さぶりをかけてくるでしょう。

機関投資家達は、先物契約を使用してビットコイン価格を下落させ、下値のサポートラインを敢えて割ってくるでしょう。

狼狽売りや損切りさせられていないか?

こうして未熟な投資家達の狼狽売りを誘い、価格をさらに下落させ暴落のように見せかけることで損切りさせ、賢く安値で買い戻すのです。

戦略的に価格を下落させ、非常に安値でビットコインを購入した後、再度ビットコイン価格を前例のない水準まで暴騰させる可能性があります。

彼らは一旦暴騰時に利益を確定し、このサイクルを繰り返し、ビットコイン価格が下落上昇する度に、利益を増やして行くのかもしれません。

ビットコイン先物取引まとめ

ビットコイン先物は、大口の機関投資家によるビットコイン相場のコントロールを可能にしてしまいました。

より複雑な思惑によりビットコイン価格が推移することを意味しています。

ファンダメンタル分析・テクニカル分析ともに、投資家がビットコイン価格を「動かしたい方向に」誘導したい思惑が一層現れていくと思われます。

つまり、ニュースは逆方向に投資家マネーは動くということです。

例えば、アメリカのウォール街発のビットコインや仮想通貨に関するニュースの解釈はこうです。

ゴールドマンサックス「ビットコイン価格は今から暴落するだろう」
→ビットコイン価格は上がる

JPモルガン「ビットコインは詐欺ではない」
→ビットコイン価格は下がる

なぜそうなるのか?
自然に脳内で意味を変換できるようになれば、トレードでこれから勝ち安くなるかもしれませんね!

私が使っているオススメ仮想通貨取引所
bitbank(ビットバンク)
bitbank logo

ビットフライヤーなど大手国内取引所に比べれば知名度は薄いものの、日本人なら開設しておいて間違いないと言える優秀な仮想通貨取引所です。
bitbank(ビットバンク)の特徴は、取引板からリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)などアルトコインが安く買えるところが魅力です。

ビットフライヤー
bitflyer logo

日本でビットコインの取引量一位。
最大手なので安心感があります。MONAコインを上場したのが話題ですね。

Zaif(ザイフ)
Zaif logo

日本で最も手数料が安いので仮想通貨のトレードはZaifを使いましょう。
筆者が最もオススメする国内取引所です。

Binance(バイナンス)
Binance logo

手数料が上記の国内取引所と比べ圧倒的に安く、サイトの使いやすさもトップレベル。
日本に上場していないアルトコインの品ぞろえもバイナンスだけあれば十分です。
海外取引所にたまにある出金できないなどのトラブルもなく、世界一信頼され使われている取引所です。

BitMEX(ビットメックス)
BitMEX logo

BitMEXは海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、と非の打ちどころがない優秀な取引所です。
ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。
日本の取引所は相手になりませんね…

BIT Point
BIT Point

BIT Point最大のメリットは、なんといっても、円・米ドル・香港ドル・ユーロでビットコイントレードができる点です。
大手取引所にはないトレード戦略が立てられそうですね。

コメント