bitbank(ビットバンク)ならリップル(XRP)購入手数料が安い!特徴やメリット開設方法まとめ

仮想通貨トレード

ビットフライヤーなど大手国内取引所に比べれば知名度は薄いものの、

日本人ならサブ取引所として開設しておいて間違いないと言える優秀な仮想通貨取引所「bitbank(ビットバンク)」を紹介したいと思います。

bitbank(ビットバンク)の特徴は、取引板からリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)などアルトコインが安く買えるところです。

日本の取引所でリップル(XRP)、ライトコイン(LTC)を取引板から指値で買える唯一の仮想通貨取引所というところがポイントです。

bitbank(ビットバンク)会社概要

bitbank(ビットバンク)はビットバンク株式会社が運営する国内の仮想通貨取引所です。

社名 ビットバンク株式会社

設立 2014年5月

資本金 11億3100万円

所在地 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F

代表取締役CEO 廣末紀之

ビットバンク株式会社はビットコインニュース(BTCN)というブログメディアを運営しており、仮想通貨関連ニュース時にはテレビ出演にもよく協力されているようです。

また、モナコインが100円を突破したときには、お祝いオフ会を自社オフィスで開催したり、

ブロックチェーン技術を学べる「ブロックチェーン大学校」を運営し、情報発信やブロックチェーン技術の啓蒙活動にも貢献しており、よりユーザーに寄り添ったビジネス展開をしている取引所という印象がありますね。

ビットバンク公式サイトはこちら↓

bitbank(ビットバンク)の長所とメリット

ビットバンクは全通貨トレード手数料無料!

bitbank(ビットバンク)ではなんと、トレード手数料が無料です。

ビットフライヤーやコインチェックはトレード手数料が高いということで有名ではありますが、bitbank(ビットバンク)は全通貨手数料が無料なので、海外の仮想通貨取引所よりも安いことになります。

ほしい通貨がbitbank(ビットバンク)で取り扱いがあるのなら、迷わず使うべきですね。

ちなみにビットコイン(BTC)のみ、最も安く購入できるのは、マイナス手数料の「Zaif(ザイフ)」です。

ビットバンクは取引板形式でアルトコインが購入できる

bitbank(ビットバンク)では以下の5種類の仮想通貨が取引板形式で購入することができます。(キャンペーン中につき)

    <取扱仮想通貨一覧>

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

成行注文だけでなく指値注文もできるので、自分が希望する価格で注文を出して売買することができるのは大きなメリットです。

ICOなどで必要になるイーサリアムを購入するのであれば、国内の取引所なら指値注文ができるビットバンクとZaif(ザイフ)をつかえばお得に購入できますね。

中級者、上級者には「アルトコインが取引形式で買える」と評価は高く、特に「リップル(XRP)を買うならビットバンクさん」という声は多いですね。

国内取引所ではコインチェックさんがリップルを取り扱いしていますが、販売形式なので5%から10%の手数料がかかります。

ビットバンクさんの場合は取引形式なので手数料がお得ですからね。

中級者以上からは人気は高いものの、初心者にはそもそもあまり知られていない感

販売形式には「販売所形式」と「取引所形式」があります。

コインチェックやビットフライヤーはほとんど販売所形式ですね。

ビットバンクとZaif(ザイフ)が取引所形式をメインとしています。

販売所形式では2~10%ほどスプレッド手数料が載っている分不利な価格で売買することになりますが、
「取引所形式」であればユーザー間での売買価格のマッチングができれば売買できるので、お得に購入することができます。

しかもbitbank(ビットバンク)では取引手数料が無料となっていますから、本当に手数料無料で購入することができます。

海外の取引所形式のサイトでも、fee(手数料)が0.2%ほどかかるのがほとんどです。

送金手数料はあります

bitbankへの入金方法は、現在は銀行振込のみ。

日本円の入出金は各金融機関の振込手数料が540円(3万円未満) 756円(3万円以上)発生します。

そのほか仮想通貨を送金するのにも少額ですが手数料が発生します。

仮想通貨送金手数料

ビットバンクはトレード画面が使いやすい!

bitbank(ビットバンク)のトレード画面は非常に高機能で、慣れると使いやすいです。

色々な機能があり最初は使い慣れるのに大変かもしれませんが、
チャートにボリンジャーバンドを足したり、テクニカル分析するための線を引いたりもできます。

スマホアプリにも対応しています

公式のスマホアプリが先日リリースされました!

ブラウザでもビットバンクのサイトを開くと、トレード画面はスマホに完全対応しているので、出先でもトレードをすることができます。

「bitbank trade」と連携でビットコインFX

bitbank(ビットバンク)は、厳密には「bitbank.cc」「bitbank Trade」という2つの取引所を運営しています。

bitbank.ccが今回紹介している仮想通貨取引所なのですが、

bitbank TradeはビットコインFXのみ提供しているサイトです。

ビットバンクのビットコインFXは追証なし、レバレッジ最大20倍で行える先物取引ですが、追証無しで20倍という高いレバレッジはビットバンクだけです。

bitbank.ccで口座開設しておけば、bitbank Tradeとも連携が簡単にできるので併用して使ってみるのもオススメします。

ビットバンクはセキュリティも万全

bitbank(ビットバンク)はセキュリティ対策も万全であることを公式サイトに明記しています。

「ブロックチェーン大学校」などの講習も行っているくらいですから、高い技術力を擁していることが想像できますよね。

コールドウォレットでの管理、顧客資産と経営資金の分散管理など、
資産を安全に保全するための措置を当然行っています。

2段階認証やSMS認証を両方とも設定できるので、不正ログインなどにも強いです。

あと、口座を開設したら2段階認証は必ず行うようにしましょう。

お得なキャンペーン開催中!

取引手数料無料キャンペーン中!

先にも紹介しましたが、仮想通貨の売買手数料が完全無料というのは驚きです。
2018年3月以降にキャンペーンが終了するかも?

リップル(XRP)出来高ランキング

ビットバンクは出来高ランキングなどのイベントも定期的に行っています。

リップル(XRP)の売買量(出来高)を毎週集計し、ランキング上位者にはXRPが賞金としてプレゼントされます!

過去にも他の仮想通貨で同じようなキャンペーンを行っていたりするので定期的にチェックするといいと思います。

ビットバンク公式サイトはこちら↓

bitbank(ビットバンク)の短所とデメリット

スマホアプリはなくブラウザ版のみ

良いところばかりのビットバンクですが、ビットフライヤーやコインチェックとの大きな差といえば、

スマートフォンに特化したアプリがないというところでしょうか。

スマホ専用アプリはありませんが、ブラウザ版にログインすればスマホ用の高機能なトレード画面はつかえます。

とはいえやはりブラウザ版なので毎回ログインする必要がありますからちょっと面倒ですよね。

たぶん使いやすい公式アプリをリリースしたらもっとユーザーが増えるんじゃないかと思います。

ユーザーが少ないので売買量も多くない

ビットバンクはビットフライヤーやコインチェックなどと比べると圧倒的にユーザー数が少ないです。

取引板形式で手数料無料でトレードできるのはありがたいんですが、指値注文をする場合、その価格で売買したい対象のユーザーがいなければ売買は成立しません。

すぐに売買を成立させたいという時にはタイミング的に不利な時があるかもしれません。

まあ、良心的な運営をされているビットバンクですから、これからユーザーは増えていくのみでしょうから、この部分は時期に解消されると思います。

bitbank(ビットバンク)の口座開設の方法

bitbank.cc公式サイトに行きメールアドレスをフォームに入力。

入力したメールアドレス宛に、メールが届いているので、その中のリンクをクリックしましょう。

入力画面にてパスワードを入力、ログインしたらトレードページの右上の人のアイコンをクリックしましょう。

そこから基本情報(氏名、生年月日、住所)を入力します。

本人確認書類をWebからアップロード→本人確認書類の審査完了後、
住所宛に転送不要の書留にて郵便物が送付されます。

<有効な本人確認書類>

運転免許証(両面)
パスポート(顔写真ページ、住所記載ページ)
住民基本台帳カード(両面)
在留カード(両面)

郵便物を受け取ると、本人確認が完了します!

トレードページの右上の人のアイコンからセキュリティ、登録情報から2段階認証、SMSの設定を済ませておきましょう。

bitbank(ビットバンク)での売買方法

ビットバンクの取引画面は、トレードを行いたい人が直感的に使えるインターフェースになっています。

注文方法は「成行注文」と「指値注文」があります。

指定した数量をすぐに購入したい場合は、「成行注文」を利用します。
成行注文はほしい仮想通貨の数量のみを指定する注文ですが、板に並んでいる、値が近いオーダーから順に約定していくので、注文をだしているユーザーが少ない場合、思わぬ高値で購入してしまう、ということもあるので注意して使ってください。

指定した価格で購入する場合は、「指値注文」を利用します。
購入したい価格と数量のふたつの値を指定することで、他のトレーダーが発注した注文とマッチングすれば売買成立となります。

マッチングしなければ売買が約定しませんが、希望の価格で購入したい場合には手数料0で購入できるので一番お得な買い方となります。

bitbank(ビットバンク)公式サイト

ビットバンク公式サイトはこちらから

bitbank(ビットバンク)
リップル、イーサリアム、ライトコインを買うならbitbank!

と言えるほどアルトコインを買うのに適している取引所です。
bitbankの公式サイト

私が使っているオススメ仮想通貨取引所
bitbank(ビットバンク)
bitbank logo

ビットフライヤーなど大手国内取引所に比べれば知名度は薄いものの、日本人なら開設しておいて間違いないと言える優秀な仮想通貨取引所です。
bitbank(ビットバンク)の特徴は、取引板からリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)などアルトコインが安く買えるところが魅力です。

ビットフライヤー
bitflyer logo

日本でビットコインの取引量一位。
最大手なので安心感があります。MONAコインを上場したのが話題ですね。

Zaif(ザイフ)
Zaif logo

日本で最も手数料が安いので仮想通貨のトレードはZaifを使いましょう。
筆者が最もオススメする国内取引所です。

Binance(バイナンス)
Binance logo

手数料が上記の国内取引所と比べ圧倒的に安く、サイトの使いやすさもトップレベル。
日本に上場していないアルトコインの品ぞろえもバイナンスだけあれば十分です。
海外取引所にたまにある出金できないなどのトラブルもなく、世界一信頼され使われている取引所です。

BitMEX(ビットメックス)
BitMEX logo

BitMEXは海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、と非の打ちどころがない優秀な取引所です。
ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。
日本の取引所は相手になりませんね…

BIT Point
BIT Point

BIT Point最大のメリットは、なんといっても、円・米ドル・香港ドル・ユーロでビットコイントレードができる点です。
大手取引所にはないトレード戦略が立てられそうですね。

コメント