仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)の特徴とメリット、手数料は?小島瑠璃子が可愛い!

仮想通貨トレード

日本の仮想通貨取引所「BitTrade(ビットトレード)」はご存知でしょうか?

イメージガールに小島瑠璃子さんを起用している取引所なのですが、まだ認知度はイマイチな印象ですね。

こじるり頑張れ!^^

BitTrade(ビットトレード)は、操作性が高く優秀なUIで知られるTradingViewを採用しているので、サイトも使いやすく、スマートフォンにも対応しています。

また、販売所はなく、取引所に特化しているので、海外の取引所に近い感じですね。

そんなBitTrade(ビットトレード)について、登録方法をはじめ特徴やメリット・デメリットをまとめてみました!

ビットトレードの運営会社概要

会社名 ビットトレード株式会社

代表取締役社長 閏間 亮

所在地 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階

設立 2016年9月12日

資本金 5,100万円

BitTrade(ビットトレード)を運営するビットトレード株式会社はベンチャーではありますが、

元々FX取引を運用する株式会社FXトレードフィナンシャルの関連会社ということで、ノウハウを生かした信頼性の高いサービスが期待できますね。

国内のシェアではビットフライヤーやZaifに差をつけられてはいますが、完全な売買板方式の取引所としては大きく特徴が異なっています。

BitTrade(ビットトレード)の取り扱い通貨

BitTrade(ビットトレード)では、ビットコイン(BTC)はもちろんのこと、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)など日本の取引所にしては多くのアルトコインを取り扱っています。

国内で1番取扱い通貨が多い取引所はcoincheckになりますが、ビットトレードも取扱通貨は多い方だと言えますね。
ビットバンクと提携しているのか取り扱いアルトコインの種類が似ています。

<取扱仮想通貨一覧>

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

BitTrade(ビットトレード)の長所とメリット

トレード画面が使いやすい

ビットトレードのトレード画面(チャート画面)はTradingViewを採用しています。

このTradingViewは世界的に人気のあるシステムで、使いやすさとテクニカルなどの分析も機能的に優れているので、初心者にはちょっととっつきにくいですが、慣れてくるととても便利です。

アルトコインも売買板で指値注文できる

ビットトレードは日本の大手取引所のような販売所形式ではなく、ユーザー同士によるマッチング方式、取引所方式を採用しています。

つまり、会社から一方的なスプレッド手数料を取られることがないため、基本的には販売所よりも安く仮想通貨を購入することができます。

この取引所形式は、サイトを使うユーザーが少ないとなかなか売買が成立しないというデメリットはありますが、最も安く仮想通貨を購入できる方法ということは間違いないでしょう。

指値注文を利用して自分に有利な価格でトレードを楽しみましょう!

ビットトレードはスマホにも対応

残念ながらスマートフォンのアプリはないのですが、スマホブラウザからログインすれば、比較的快適にトレードすることができます。

外出中であっても、指値注文を出したり修正したりできるのはありがたいですね。

ビットトレードはセキュリティが高い

仮想通貨交換業者であれば資産の分別管理は必要事項となっており、
オフラインでハッカーが盗む盗むことができないコールドウォレットを中心に管理をしています。

コールドウォレットというのはネットにつながっていない状態で保管するということです。
先日のコインチェックのようにハッキング被害を防ぐことができます。

BitTrade(ビットトレード)の短所とデメリット

手数料ではビットバンクに劣る

取引板に並んだ価格で売買できるため、手数料が安く抑えられるビットトレードですが、取引手数料として一律0.2%かかります。

bitbank(ビットバンク)も同じように売買板の取引所形式なのですが取引手数料はほぼ無料ですので、比べてしまうとどうしても割高に感じてしまいます。

ただ、ビットコイン(BTC)の入出金手数料は、ビットトレードの方が安いです。

入出金手数料

銀行入金手数料 無料
銀行出金手数料 648円

ビットトレードでは、銀行入金のみで手数料は無料(銀行手数料はかかります)です。
銀行振込は入金日時によっては反映が遅れる場合がありますので、余裕をもって入金しましょう。

ビットトレードでの売買方法


最小注文数量は0.0001 BTCと数百円単位での注文が可能で、1注文あたり10BTCまで購入できます。

注文は、「成行注文」「指値注文」の2つの方法があります、急いでなければ基本的に指値注文を使いましょう。

他ユーザーの注文とマッチングしなければ約定しませんが、未約定の注文は取引板に並び、後からキャンセルすることもできます。

購入したいばあいは「買」売りたい場合は「売」のボタンを押しましょう。

ビットトレードの登録方法

ビットトレードのトップ画面から「メールアドレス」を入力後「アカウント作成」をクリック。

その後登録のメールアドレスにメールが送られてくるので、メール文のURLをクリックすれば登録完了です。

その後ログイン時にパスワードを設定し、ログインしましょう。

ログイン画面右上「登録情報」から、個人情報の入力等を進めて下さい。

利用規約、取引ルール、リスク事項などにチェックボックスにチェックを入れて登録ボタンを押します。

次に基本情報の登録を行い、基本情報登録が完了してください。

BitTrade(ビットトレード)で入出金などの操作を行うには、ユーザーの本人確認が必要です。

本人確認書類のアップロードを済ませてしまいましょう!

本人確認書類として利用できるのは、次の書類です。

<本人確認書類(下記のうちいずれか1点の表裏画像)>

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

本人確認書類の画像は、表面と裏面の画像の計2枚が必要になります。

仮想通貨取引所のユーザーは増加傾向にあり、本人確認に2週間ほどかかる場合もあります。
早めに本人確認を済ませてしまいましょう。

ビットトレード公式サイトはこちら↓

BitTrade(ビットトレード)公式サイト

公式サイトはこちらから

BitTrade(ビットトレード)
私が使っているオススメ仮想通貨取引所
bitbank(ビットバンク)
bitbank logo

ビットフライヤーなど大手国内取引所に比べれば知名度は薄いものの、日本人なら開設しておいて間違いないと言える優秀な仮想通貨取引所です。
bitbank(ビットバンク)の特徴は、取引板からリップル(XRP)やイーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)などアルトコインが安く買えるところが魅力です。

ビットフライヤー
bitflyer logo

日本でビットコインの取引量一位。
最大手なので安心感があります。MONAコインを上場したのが話題ですね。

Zaif(ザイフ)
Zaif logo

日本で最も手数料が安いので仮想通貨のトレードはZaifを使いましょう。
筆者が最もオススメする国内取引所です。

Binance(バイナンス)
Binance logo

手数料が上記の国内取引所と比べ圧倒的に安く、サイトの使いやすさもトップレベル。
日本に上場していないアルトコインの品ぞろえもバイナンスだけあれば十分です。
海外取引所にたまにある出金できないなどのトラブルもなく、世界一信頼され使われている取引所です。

BitMEX(ビットメックス)
BitMEX logo

BitMEXは海外取引所ながら、100倍レバレッジ対応、追証なし、日本語対応、手数料も安い、と非の打ちどころがない優秀な取引所です。
ビットコインだけでなく多くのアルトコインもFXできます。
日本の取引所は相手になりませんね…

BIT Point
BIT Point

BIT Point最大のメリットは、なんといっても、円・米ドル・香港ドル・ユーロでビットコイントレードができる点です。
大手取引所にはないトレード戦略が立てられそうですね。