一流ボーカリストも行う簡単なボイトレ「リップロール」唇ブルブルのやり方とコツ

スポンサーリンク
一流ボーカリストも行う簡単なボイトレ「リップロール」唇ブルブルのやり方とコツ音楽/ボイトレ

リップロールは最高のボイストレーニング方法だと言う人もいるくらい、

効果が現れやすい歌の練習方法です。

女の子がやると可愛いです。

男性は、ちょっと恥ずかしいかもしれません。。。

リップロールのやり方は非常にシンプル

やり方は、唇をプルプルしながら発声するだけで簡単に出来ます。
 
リップロールは、喉を絞めずにリラックスした

自然な形で正しい発声を覚えることができる練習方法です。
リップロールのやり方は非常にシンプル

リップロール中は実際歌っているときよりも高い声が出る?

リップロールをしているときは、喉周辺がリラックスしているので

実際に歌っている時の声より高い音まで出ます。

つまり喉がリラックスした状態であれば地声よりも高い声がでるのです。

更に、日常的にリップロールを行って歌唱法の練習をしていると、

より高い声が出るようになっていきます!

リップロールは声帯周辺のマッサージにもなる

 
リップロールを行うことにより、

リラックスした状態で声帯のマッサージになります。

更に言うと、声帯周辺の血流がよくなるので、

声を出す前に行うと大変なめらかに歌うことができます。
 
声を出していると喉周辺が凝ったような感じで疲れたり、

硬くなってしまい歌い辛いという方は、

特にリップロールに慣れると効果が表れやすいといえます。

しかしリップロールが出来ない人も多いです

こんなに簡単で良いトレーニングなのですが、

リップロールの基本であり根本でもある

「唇をプルプルできない」

という人が意外に多い。

出来る人からすると

「なぜこんな簡単なことができないの?」

と思うかもしれませんが、唇プルプルで悪戦苦闘し、

リップロールを諦めてしまう人もあとを絶ちません。

本当は、唇プルプルができない人こそ、

リップロールの効果を得られるのにもったいないですよね。

しかもリップロールが出来る人はスグにできるのに、

出来ない人はいつまでも出来ないことが多いです。
 

リップロールが出来ない人は何故出来ないのか?

リップロールが出来ない人に共通することは、

吐く息の量が多すぎるorは少なすぎるということです。

吐く息の量が多すぎるとやり難いので、

唇をもっと細く突き出して息を細く吐く

というのがポイントです。

また、頬や唇周辺の筋肉が堅くなっているとプルプルしづらいので、

リップロールを行う前に頬や唇を上げたりほぐしたり、

手で顔をマッサージしてからリップロールにチャレンジすると良いと思います。

たらこ唇の人はやりにくいという話もあります。
 

リップロールが出来るようになるにはコツを掴むこと

出来ない人が出来るようになるタイミングは、

ちょっとしたコツ、つまり成功体験などのきっかけがあります。

リップロールのあの唇プルプルが感覚で分かってしまえば、

あとは練習すればするほど上達しますからね。

リップロールのやり方を人工的に作り出す

人工的にきっかけ作りをしてあげることで、

リップロールをしやすくなる方法があります。
 
基本的に、出来ない人は唇が硬い場合が多いです。

まずは、滑りをよくするために水などで、少し唇をぬらしてください。

唇を軽く閉じて、少し突き出す。どちらかというと上唇より下唇の方が気持ち前に出る感じ。

その唇の状態で息を吐きながら、人差し指を横にして唇を軽く上から下に「ブルッ」とはじきます。

息を送りこみながら、何度かブルブルとはじいているうちに、

唇が振動するタイミングをつかんでいくと思います。

きっかけさえつかめば、誰でもできるようになります!

リップロールの具体的なやり方

基本的なリップロール

  1. 軽く口を閉じる(上下の唇はくっついているが、上下の歯は軽く離れている状態)。
  2. 口を開けて息を吸う
  3. 口を閉じ、唇をほんの少し突き出し、閉じた唇の間から息を出して唇を「ブルブル」と振動させる。

※振動が細かすぎる場合は力が入りすぎています。

※できるだけ長い時間継続して続けられるように吐く息の量を調節できるようにすること。

リップロール練習法(応用)

①少し声も混ぜてリップロールする

基本的なリップロールが続くようになったら、「う~」と歌うように、少し声も混ぜてリップロールを行う。

※息が切れてきたら息継ぎは口からしたほうがいいかも。
 
※声も混ぜたリップロールのときは、なるべく口の中を広くとりたいので、慣れれば出来る限り顎を下げる。
 

②音程もつけてリップロールする

さらに発声トレーニングしたい方は、ドレミなどで音程をつけて長くのばしながら各音でリップロールを行ってみる。
 
※リップロールではリラックスしているので実際に歌うより高い音まで出ます。

※喉の柔軟と運動のために低い音も行う。

リップロールまとめ

一流ボーカリストも行う簡単なボイトレ「リップロール」のやり方とコツをまとめてみましたがいかがでしたか?

実はリップロールが意味がないという人もいて、その効果のほどはどこまであるのかわかっていません。

ですが、多くのプロ講師も取り入れている歌唱練習法なので効果が全くないということはないでしょう。

リップロールはとても気軽にできる練習法なのでぜひ自宅でもやってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました